滝沢カレンが嵐に付けたあだ名が面白すぎると話題に!! 言葉遣いはネットでは悪評も?!

スポンサーリンク

滝沢カレンが『嵐にしやがれ』に出演

「滝沢カレン むかつく」の画像検索結果エンタMIX (引用)

モデル、タレントとして活動している滝沢カレンさん(24)が11日放送の嵐の番組嵐にしやがれ(日本テレビ系)に出演し、最近話題となっている『四字熟語あだ名』を嵐のメンバーに付けました。そして、嵐の松本潤さんに付けたあだ名がTwitterトレンドで1位を獲得し、さらに世界のトレンドにも入り話題を呼んでいます。


〈スポンサーリンク〉

今回の出演で、滝沢カレンさんは、松本潤さんと大野智さんと初共演になり、櫻井翔さんから、二人の印象を聞かれると「オーラというか、威圧?があり芸能人の感じがする。」とコメントし、大野さんの事は、「素朴感がある」「素晴らしい人材」と独特の言い回しをしました。

そそて、最近滝沢さんがいろいろな有名人に付けている四字熟語あだ名の話題になり、嵐のメンバーがつけてもらうことになりました。

気になるあだ名は?!

嵐のメンバーでは二宮和也さんも以前、他の番組で共演されたことがあり「趣味在宅」とつけてもらったと明かしました。メンバーからは「いいのいったね」「ニノがゲームやってるっていうのを知らないと出て来ないよね」と褒めたコメントをしました。

「嵐にしやがれ 滝沢カレン」の画像検索結果ホッシーの翔潤love☆嵐大好きブログ♡ (引用)

そして他のメンバーにもあだ名をつけることになり、櫻井さんは滝沢さんとの共演回数が多いということもあり、「服装迷走」と名付けました。相葉さんには「馬鹿脱皮」と名付け、“馬鹿”という言葉に相葉さんは「なんか腹立つな~」と言い、それに対して滝沢さんは「実際に会ってみると周りに気を使ったり、優しい人なんだとわかったから」だと明かしました。

さらに、大野さんには「海釣地蔵」、松本さんには「俺松本潤」と名付けて、スタジオと視聴者を笑わせてくれました。このあだ名に松本さんは「自己紹介と変わらない」と苦笑い。

「嵐にしやがれ 滝沢カレン」の画像検索結果人気ドラマみんなの感想まとめ

番組放送終了後に早速Twitter上では「海釣地蔵」に「俺松本潤」など、四字熟語あだ名に関するツイートが多くされ、注目を集めました。

今回四字熟語あだ名とをし始めて、数多くのバラエティ番組に出ている滝沢カレンさんですが、それまでの独特の語彙力や言い回しに関してネットではイメージは良くなかったようです。

滝沢カレンに消えてほしい?!

滝沢さんが有名になり始めるきっかけとなったのが、『踊るさんま御殿』の出演だったらしく、モデルとして綺麗ではありますがその独特の表現にさんまさんや共演者たちは笑わさせられました。日本のテレビには「おバカキャラ」というのがどの時代にもいますが、少し違った「頑張って敬語を使おうとする」というところに人気に火がついた理由があると思います。

「滝沢カレン さんま御殿」の画像検索結果しろログ~ネタバレ感想ブログ~

そうは言っても「おバカキャラ」は叩かれることもしばしばあり、滝沢カレンさんがテレビによく出るころになったときは、ネットの一部では「頭の悪さを露呈しているだけ」「あの喋り方はわざとだろ」「病気なんじゃない?」と言われていました。

さらに、あまりにこ奇妙な言葉の使い方で注目されて、『ウエニッケ語症』ではないかとも言われているようでした。

この「ウエニッケ語症」とは、

・人の話が理解できない

・本をお読めない

・スムーズに話す言葉が支離滅烈

という事が主に症状としてあるそうですが、滝沢さんに当てはまっていそうな気もします。

しかし、滝沢さんは小説を読むことが好きらしく『ウエニッケ語症』ではなさそうです。

小説を読むのが好きでこの語彙力はさすがに引いちゃうところもある気がしますね!

これからの滝沢カレンさんの活躍に期待です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする