東尾理子 ブログで第3子妊娠を報告!読者の反応に「感謝」二人目妊娠時は炎上してた?!

スポンサーリンク

ブログでコメントが400件超え

「東尾理子」の画像検索結果インフォちゃんぽん(引用)

プロゴルファーとタレントとして活躍している東尾理子さん(41)が8日、ご自身のブログで第3子が妊娠したことを明らかにしました。出産は来年4月の予定。


〈スポンサーリンク〉

そして、ブログを見た読者からはお祝いのコメントが相次いで400件以上も寄せられました!

ブログ本文はコチラ↓


いつも応援して下さる皆様へ

この度、第三子を授かりました事をご報告させて頂きます。

娘を授かった時に胚盤胞まで育ち、待っていてくれた凍結胚が一つありました。この夏にお腹に迎え、現在妊娠五ヶ月になりました。

年齢のことはもちろん、自分が一人っ子で育ってきたため、三人の育児はどうやってやるのだろう?という不安もあります。でも強い生命力を持った命を大切に育てて行きたいと思います。

先ずは無事に出産を迎えられる事が出来るよう、それまでの毎日を大切に過ごしていきたいです。

これからも温かく見守って頂ければ幸いです。

東尾理子

東尾理子オフィシャルブログ(引用)


そして東尾さんは、同日のTBS系あさチャン!で、改めて妊娠を報告し、出演者から祝福されました。

ワンピース姿で笑顔であいさつに立った東尾さんは、「この度、新しい命の第3子を授かりまして。ちょっとお恥ずかしいんですけど」と照れながらあいさつし、続けて、「主人にとっては5子ですけど…」と苦笑いでコメントしました。

妊娠したことに対しては、今回の妊娠で出産したことになれば、東尾さんは42歳になっており夫である石田純一さんは64歳ということになります。

年齢も年齢ですが、元気な赤ちゃんを産んでほしいですね!

今回は暖かいコメントで祝福されていますが、第2子の妊娠出産時には、理子さんがある問題発言(?)をしたことで注目を浴びました

第2子の出産時ではネットに批判殺到?!

東尾さんは2009年12月に石田さんと結婚し話題となりました。自然妊娠ができず、不妊治療をしていたことは有名ですよね!

不妊治療」とは「避妊していないのに2年以上にわたり妊娠に至らない状態」のことに当たります。これはWHO(世界保健機関)が定めた不妊の定義になっていて、「不妊」と認められてやっと治療が受けられるそうです。

自然妊娠が出来ず、悪戦苦闘した姿はテレビでも放送されていましたね。

そして不妊治療の末に念願の第一子「理汰朗」君を2012年の11月に出産し、2016年3月には二人目の出産をしています。

その二人目の妊娠について批判があるようで、「無神経発言」や「ムカつく」等とネット上で言われていました。

その理由は、2012年にめでたく念願の第一子を出産し、2年後にはまた不妊治療を受け第二子を授かったことを自身のブログで報告しました。そして石田純一さんの1人目の奥さんとの子供であるいしだ壱成さんに報告しました。

「いしだ壱成」の画像検索結果なないろreport(引用)

この出産報告にいしだ壱成さんは返信したところ、東尾さんは「孫はまだ~?」と返したそうです。

また東尾さんが壱成さんと話すたびに出産をせかしていたそうです。

この事に対してネットでは「不妊治療をしていた人の発言とは思えない」などの声が挙あがっていました。このことで当時は祝福よりも批判の声が上がっていました。

そして、身内の壱成さんにだけではなく、元フジテレビアナウンサーの「平井理央」さんに対しても「子供は早めの方がいいよ」とアドバイスを送りました。

この出来事にも「何様だ!」「自分が妊娠できたからと言って、嫌味にしか聞こえない」「あまり詳しく知らないけど、ムカつく」と、キツめのコメントがされていました。

実際に妊娠が出来なくてで悩んでいる女性は多いと思います。そして東尾さんのオープンブログに励まされている方も沢山いると思いますが、自分も悩んでいたんですから悩んでいる方を傷つけるようなことは言ってはいけないですよね。

とにかく第3子も元気に出産してほしいですよね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする