【羽生結弦】選手、フリーで4回転ルッツ初成功も1位届かず2位

スポンサーリンク

フィギュアスケートの羽生結弦選手が2位

フィギュアスケートGPシリーズ第1戦のロシア杯が21日に

ロシア・モスクワで行われました。

写真中日スポーツ(引用)

4回転ルッツを飛ぶ羽生選手

最初に羽生選手が今回初挑戦した4回転ルッツは無理もなくジャンプは

スムーズ入っていましたが、着氷の時に少しこらえるような感じになりました。

ただ、そこからすぐに立て直して流れをキープ出来たことで、GOEと呼ばれる、出来栄え評

価点でプラスで終えることができました。

BIGLOBEニュース(引用)

演技が終わった直後の羽生選手

4回転ルッツという新たな技を初挑戦するということで、ケガやぜんそくの心配がささやかれ

たとおもいますが、無事に演技が終わって日本国民全員が安心していると思います。

残念ながら結果は2位で前人未到のグランプリファイナル5連覇、そして五輪連覇がかかって

いましたが次のグランプリシリーズは是非とも頑張ってほしいですね。

羽生選手はフリーで1位となりましがた、ショートとの演技合計で

290・77点で2位に終わりました。

そして見事1位に輝いたアメリカの選手、ネイサン・チェン(18)選手が4種類の4回転などを

成功し、合計293・79点でGP初制覇しました。

ネイサン・チェン選手は昨季の四大陸選手権覇者であることは有名ですね

「ネイサンチェン 1位」の画像検索結果朝日新聞デジタル(引用)

18歳のという若さで日本の大エースに勝ったわけですから、

彼の素性がとても気になります。

完全に見た目はアジア人で、チェンという名前なので調べてみました。


〈スポンサーリンク〉

ネイサン・チェンとは??

生年月日 1999年5月5日

出身地 アメリカユタ州のソルトレイクシティ

身長 165cm

もともと親が中国出身らしく移民として来たそうで、中国の漢字名は陣巍です。

身長が結構小さいんですね。びっくりしました。

バレーもやっていたらしく、表現力は素晴らしかったですね。

フィギアスケートは三歳から始めたそうです。

ジュニア時代にもいろいろな大会に出て、成績を残されていますね。

やはり、スポーツで世界と争うには幼少期から始めるのがいいのでしょうか?

ネイサンチェンの家族ですが両親と4人の兄弟がいるだそうです。

これからの彼の活躍に期待したいです。

もちろん日本国民としては羽生選手を一番に応援したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする