坂上忍の特番 警視庁に引き渡し逮捕された盗聴男、女湯盗撮もしていた?!

スポンサーリンク

ロケ中に逮捕された極悪大家!余罪もあった?!

俳優でもあり、最近バラエティに出まくっている坂上忍さんがMCをしているTBS系「犯人に告ぐ!盗聴盗撮 怒りの追跡バスターズ第3弾」(水曜午後7・00)の放送が11日にありました。

坂上忍 犯人告ぐ に対する画像結果スポーツ報知(引用)

この特番で追跡していた盗聴犯の大家が銭湯も経営していて、女湯の盗撮を繰り返し行っていたことがその後の捜査で明らかになり、大家である男は逮捕されました

女性の方は身の毛もよだつ気持ち悪い事件でしたね


〈スポンサーリンク〉

まずこの男が出てきたのが今年5月3日に放送した第2弾でした。

東京都の杉並区で一人暮らしの女性の部屋から盗聴器が発見されたのが事件の始まりで、取材中に犯人が大家の男であることを番組が突き止めました。

坂上忍 犯人告ぐ に対する画像結果dailymotion(引用)

坂上さんが「勝手に部屋に入り盗聴器を仕掛けるなんて犯罪ですよ」と問い詰めましたが、大家の男は反省を見せず「申し訳なかった。事実行為だけ謝ります。示談で…」とすぐさま示談へ持ち込もうとする悪態ぶり

そして坂上さんは続けて「正直を積み重ねることが、誠意なんですよ!」と怒りをあらわにしました。

被害女性は「無理です」一刀両断、拒否。警視庁に通報後、男は警察官に任意同行する一部始終が放送されました。

その後、盗撮もしているという衝撃の事実が明らかになり男はまた逮捕されました。

馬鹿な奴は何をしても馬鹿だという典型ですね。

大家の男は昨年から9か月という長い間に50回もの盗撮をスマートフォンで行っていましたらしく。男は「女性の裸に興味があり、性欲を満たすためだったと供述しています。

盗聴に遭っていた被害女性は女性は同時に盗撮被害も受けており、耐え難い苦痛と怒りを番組の緊急インタビューで語りました。

見事に番組中に犯人を追い込み逮捕まで至ったのは本当に良かったと思いますが、被害女性の気持ちを考えると怒りがこみ上げてきますね。

番組では他にも衝撃事件を紹介するのは気が重く見ているのも気持ち悪いですが、犯人の追い込みをしてほしいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする