【祝!】押切もえ第1子妊娠「来年出産予定」旦那様はロッテ涌井選手

スポンサーリンク

exite(引用Sports Graphic Number Web(引用)

モデルでタレントの押切もえ(37)が2日、自身のブログを更新。夫でプロ野球・千葉ロッテマリーンズの涌井秀章投手(31)との間に第1子を妊娠したことを発表した。

自身のブログで押切は「いつも応援してくださる皆様へ」というタイトルで更新。

私事ではありますが、この度、新たな命を授かりました。現在、安定期に入りまして来年出産の予定です」と報告。

そして、「夫婦で新しい家族を迎える日を楽しみに、少しずつ準備をしております」と明かし、「いつも優しく支えてくださる皆様には心から感謝申し上げるとともに、今後ともあたたかく見守っていただけると嬉しいです。これからも変わらぬご支援をよろしくお願い致します」と嬉しそうに呼びかけた。

押切もえは、プロ野球の涌井選手と2016年11月に交際1年2カ月で結婚。翌年2月に、自分がプロデュースするウエディングドレス発表会で「子供は男女どちらがいいか」と聞かれると「男女どちらでもいいです」とベビー誕生を待ちわびていた。

押切もえは子供服を将来デザインしたいか聞かれると「したいですね」と笑顔で即答していた。2016年11月に涌井投手と結婚。翌年の12月に、ハワイのプルメリアガーデン・チャペルにて挙式を行った。

押切もえとは?

押切 もえ(おしきり もえ、本名・涌井もえ(旧姓・押切)

1979年12月29日生まれ

日本の女性ファッションモデル、タレント。

千葉県出身。

ケイダッシュグループのパール所属。

在学中に雑誌『Popteen』の読者モデルとなり、2001年には『CanCam』の専属モデルとなる。

CanCam』の誌面を飾るモデルのなかで徐々に知名度があがり、蛯原友里、山田優と並ぶ同誌のトップ3人気モデルとしてブレイク。

2006年の春と秋に発売されて好評だった『お姉さん系CanCam』が2007年3月より『AneCan』として創刊されることになった。それに伴い、専属のモデルとして抜擢されることが決定。2007年4月号を以て『CanCam』を“卒業”した。

2013年に長編小説『浅き夢見し』で小説家デビューし、2016年に刊行された第2作『永遠とは違う一日』は第29回山本周五郎賞候補となった。

2015年2月「鳥取県あいサポート大使」に就任。

2016年8月に年内で『AneCan』の専属モデルを卒業することを発表。

11月1日、プロ野球選手の涌井秀章と結婚することとなり。12月7日(日本時間8日)、ハワイで挙式をあげた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする